画像
トヨタ 200系ハイエース vs 日産 NV350キャラバン !

title

200系ハイエース VS 日産 NV350キャラバン

積載能力の比較

 積載能力の比較

ハイエースとNV350キャラバンは、両車ともにワンボックススタイルの商用車です。
標準ボディ(名称はロングボディ)は、全長が4,695mm、全幅が1,695mmで、4ナンバー枠いっぱいのサイズになる。
ハイエースはこれに4,840mm×1,880mmのロングワイド、5,380mm×1,880mmのスーパーロングワイドを加えた。
NV350キャラバンでは5,080×1,695mmのスーパーロング、5,230×1,880mmのスーパーロングワイドも選べる。このほかに4列シートのワゴン、5列シートのコミューター(キャラバンはマイクロバスと呼ぶ)も設けている。
後席を畳んだ状態の最大荷室長(前席の背面から車内後端までの長さ)は、ハイエースが3,000mm。NV350キャラバンは3,050mm。荷室の最大幅は1,520mmで共通だ。ボディサイズが等しいワンボックスバンなので、荷室の広さもほぼ同じです。

装備・価格対決

 装備・価格対決

装備は充実しており、
メーターパネルはバンSUPER GL、ワゴングランドキャビン、GLに自発光式のタコメーター付オプティトロンメーターを採用するハイエース、NV350キャラバンは、バンプレミアムGX、ワゴンGXにファインビジョンメーターを採用。
NV350キャラバンにはカラー情報ディスプレイが装備され、燃費関連情報他、燃料計や水温計もビルトインされ、ハイエースに比べすっきりとした印象です。
カラー情報ディスプレイはバンGXプレミアム、ワゴンGXに装備されますが、メーカーオプションのバックガイドモニターを選択すれば、他グレードでもカラー液晶に変更されます。

ハイエーススーパーGLは オプションでは、LEDヘッドランプ、アルミホイール、スマートエントリー&スタート、両側スライドドアの電動機能、バックモニターを内蔵したルームミラーなどを装着できる。
ハイエーススーパーGLのディーゼルターボ仕様は、車両価格が338万914円。前述の快適装備をフルに装着すると約30万円の上乗せで、総額では370万円近い金額だが、ワゴン並みの快適性と便利性が両立される。

NV350キャラバンプレミアムGXは、ディーゼルターボの価格が330万9120円。プレミアムGXにはインテリジェントキーなどが標準装着され、キセノンヘッドランプやアルミホイールはオプションだ(合計すると約20万円)。スライドドアの電動開閉機能はワゴンのみの設定で、バンには装着できない。

さらにはオプティトロンメーター装着車のみにタコメーターが装着されるハイエースに対し、NV350キャラバンは全車にタコメーターを装備します。

安全装備
4輪ABSは標準装着されるが、横滑り防止装置は設定がない。エアバッグは運転席側には標準装着されるが、助手席側はオプションになる。後席のシートベルトは、中央席が2点式だ。しかもハイエースの場合、後席のシートベルトが標準装着されるのはスーパーGLのみで、DXはオプション設定。注文しないと、後席にシートベルトを備えていない車両が納車される。

内装 エアコン

 内装 エアコン

最上級モデルのGXプレミアムでもマニュアルエアコンのNV350キャラバンに対し、ハイエースでは前回のマイナーチェンジでバン SUPER GL、ワゴンGL、グランドキャビン、コミューターGLにフロントオートエアコンを装備。
運転中に乗降の多い場所、移動の長い場所が別れるビジネスユースのクルマには装備される車種は少ないですが、意外と重宝する装備だったりします。

新車コンプリート販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!