画像
ハイエース バン、ワゴン、コミューターの違いとは?

  • HOME
  • その他
  • ハイエース バン、ワゴン、コミューターの違いとは?

title

トヨタが誇る伝統的なワンボックスカー・ハイエース

ハイエースにはVAN(バン)、WAGON(ワゴン)、COMMUTER(コミューター)の3タイプがあります。

 ハイエースにはVAN(バン)、WAGON(ワゴン)、COMMUTER(コミューター)の3タイプがあります。

社用車として使われることが多い車なのですが、そのほかにも送迎バスや福祉車両、救急車にキャンピングカーまで、積載量の多さや高い耐久性などから、とても多くの分野で活躍し愛され続けているクルマです。
もちろん一般の方にも根強い人気があり、多様なカスタマイズ性から、かっこよくカスタムしたハイエースを見かけることも多いです!!
そんなハイエースですが
ハイエースにはVAN(バン)、WAGON(ワゴン)、COMMUTER(コミューター)の3タイプがあります。
一番多く利用されている「ハイエース バン」です。バンとは貨物車であることを意味しています。2列目のシートが折り畳み可能な座席になっていて、人が座ることもできるし、多くの荷物を積むこともできます。
それに対し、「ハイエース ワゴン」は人を乗せることが目的の車で、仕様やシートの形状・配列などがバンと少し違います。乗車定員は10人とバンより一人多く、普通免許で運転が可能です。

多彩なボディバリエーション

 多彩なボディバリエーション

ハイエースの大きな特徴といえるのが、その多彩なボディーバリエーションです。
全長、全幅、全高が用途によって細かく選択できる設定になっていて、4つの組み合わせで構成されています。
ロングバン・標準ボディ・標準ルーフロングバン・
ワイドボディ・ミドルルーフ
ロングバン・標準ボディ・ハイルーフ
スーパーロングバン・ワイドボディ・ハイルーフ

また、シートの配列も1列~3列まで細かく選択できます。

ハイエース コミューター

 ハイエース コミューター

「ハイエース コミューター」ですが、これはマイクロバスです。外観はバンやワゴンと同じですが14人まで乗車できます。ただし、普通免許では運転できません。
コミューターには ワゴン 唯一のディーゼル設定があります。


このように、使い方によってこれだけ細かく選ぶことができるのでとても便利ですね。ハイエースにあまり馴染みのない方は、ボディサイズやシートアレンジがこれだけ豊富にラインナップされていると知らない方が多いのではないでしょうか。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!