画像
自動車の税金あれこれ

title

自動車にかかる税金

 2015年 軽自動車税の変更

2015年から 軽自動車税が 変わりました。
軽乗用車
4月以降に 新車購入の方は 10800円
現在お乗りの車は 7200円のままです。
軽自動車税(車の保有者が毎年払う)
2015年4月以降に軽自動車(自家用乗用)の新車を買うと、7,200円→10,800円

新エコカー減税対象車、減税基準一覧表

 新エコカー減税対象車、減税基準一覧表

平成27年度も一部基準が見直されて、車種によっては減税額が少なくなったりしていますが、
前年に引き続きエコカー減税は実施され、新たに自動車税を減税する税制も導入されました。
取得税と重量税は新エコカー減税の対象ですが、自動車税に関してはグリーン化特例の対象となります。

 自動車税のグリーン化特例とは?

簡単に言うと 新車で基準に達している車には減税し 古い車には増税するという国の政策です。

排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車税・軽自動車税を75~50%軽減するとともに、新車新規登録等から13年を経過した自動車に対して自動車税・軽自動車税を15%重課
〔適用期間〕・平成26年4月1日~平成28年3月31日〔適用内容〕・適用期間中に新車新規登録等を行った場合に限り、それぞれ当該年度の翌年度(平成27年度又は平成28年度)分について特例措置が適用

国土交通省HPhttp://www.mlit.go.jp/jidosha/より引用

上記をまとめると、新車購入時の自動車税は月割りで払うので、翌年の4月1日の課税時にエコカー対象車なら、半分か4分1の減税を1回限り実施。
逆に登録13年以上の旧車は自動車税を標準金額よりも15%増税するということです。
取得税、重量税の新エコカー減税で、自動車税はグリーン化特例…。
そんなわかりにくい自動車にかかる税金を、分かり易くまとめてみました。

自動車の購入と保有にかかる税金まとめ

 自動車の購入と保有にかかる税金まとめ

消費税は理解し易いですが、取得税と重量税、そして今回増税された自動車税は、
減税が組み合わさってわかりにくいので解説します。

重量税

 重量税

消費税は理解し易いですが、取得税と重量税、そして今回増税された自動車税は、
減税が組み合わさってわかりにくいので解説します。
重量税は、新車購入時に3年分、1回目の車検時2年分の計2回減税が実施されます。

自動車重量税計算ツール

自動車税

 自動車税

自動車税は購入の翌年度(4月1日)にグリーン化特例により、上記額に減税されますが、
登録13年以上の車は標準課税額より15%加税されます。

自動車賠償責任保険(自賠責保険)

 自動車賠償責任保険(自賠責保険)

車検時に必要な強制保険の早見表です。
自賠責保険は、法律(自動車損害賠償保障法)によりすべての自動車(二輪自動車・原動機付自転車を含みます。)に加入が義務づけられている強制保険です。自動車の運行により他人(歩行者、同乗者、他の車の搭乗者など)にケガをさせたり、死亡させたりした場合で、被保険者(自動車の保有者または運転者)が法律上の損害賠償責任を負ったときに保険金をお支払いします。

この保険は、「自動車による人身事故の被害者を救済するため」に義務付けされているもので、
人にのみ提要され、車両の損害等に関しては一切適用されません。

死亡による損害に対して3,000万円まで、傷害に対しては120万円までが限度額
として設定されています。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!